【雌猫の発情】

1.雌猫の発情に決定権

普通の考え方としては、雄猫が発情し雌猫

が受け入れると考える方が多いのではない

でしょうか。猫の場合は違うのですね。

 

雌猫が発情することによって、近くにいる

雄猫も発情するのが猫なのですね。発情が

促されるのは、日照時間が長い時なので、

 

春や夏場が発情しやすくなり、逆に日照時

間が短くなる発情しなくなるのです。

 

2.雌猫は多胎型

雌猫は発情期に何匹もの雄猫と交尾をする

ことがあります。そうすると各々の雄猫の

子供を同時に妊娠するのです。そんなこと

 

ありえないでしょうと思うのが普通ですね。

それが可能なのが猫なのです。複数の卵子

を一度に排卵するため妊娠そして出産がで

 

きるのです。これを多胎型と言います。猫

の他にはウサギなども多胎型の動物として

挙げられます。

 

3.猫の妊娠は飼い主に決定権

猫の妊娠率は非常に高いので、飼い主さん

子猫が欲しい、一度に多くの子猫ができ

ても最後まで責任を持てるのであれば良い

 

のですが、繁殖を望まないのであれば、

避妊去勢手術を受けさせるのが良いでし

ょう。手術のタイミングとしては生後半年

 

から1年くらいで行いましょう。術後は

少し太りやすくなりますが、逆にメリット

としてはスプレー行動が減少します。

 

予期せぬ妊娠時は、事前に引き取り手を探

しておく、でも中々探せないのであれば、

里親募集の団体にお願いするのも手です。

 

ただし正式な手続きが必要になりますが、

生まれてくる命の重みを感じ頑張って取り

組んでいただければと思います。

 

出産を希望するのであれば、知り合いの猫

とお見合いさせる、あるいはブリーダーに

頼むのが良いでしょう。交配料発生いた

しますのであしからず。

 

猫の事飼い主さんの事情を考慮し、ライ

フプランは早めに設計しておきましょう。