【猫アレルギーは治る事もあるの?】

我が家では私も妻も息子も猫アレルギー

全くございません。しかし娘が軽度の猫ア

レルギーです。少しかゆくなったり発疹

 

出たりします。撫でたり抱っこしたりして

ますので大したことはないのですが、なん

で猫アレルギーになったのかは分かりませ

 

ん。しかし、猫を飼っていると猫アレルギ

ーは軽減する可能性があるとの研究結果

2015年に発表されたのです。猫アレル

 

ギーの方が猫を長期間飼った場合飼って

いない場合では前者の方が症状が軽くなっ

のです。逆に猫を飼わなかった、つまり

 

接触0の場合、猫アレルギー症状が悪化

たとの事です。『脱感作療法』を聞いた事

がありますでしょうか。これはアレルゲン

 

少しづつ繰り返し接し過敏性を減らし

ていく治療法なのですが、猫を飼っている

そのものが『脱感作療法』を受けている

 

事なのかもしれませんね。生まれた時から

家庭にペットがいる子供は、成長後に猫ア

レルギーや喘息などのアレルギー症状が出

 

 

にくいというデーターもあるようですね。

またアレルギーになる原因として『衛生

仮説』が知られています。これは無菌環

 

で育てられると免疫バランスが整わな

ためアレルギーが発症しやすくなる

いう事なのです。ペットを飼っている

 

境は適度に菌がいる状況なのでアレルギ

ー対応型の体質になるのですね。そうい

えば私の住んでいるところは田舎で周り

 

田んぼなど自然に囲まれた環境

で子供のころから泥遊びや川遊び、当然、

虫を触ったりし、家に帰って来ても適当に

 

手を洗い食べ物を食べていたのでアレルギ

ーに強いのかもしれません。花粉症にもな

っていませんし、おかげさまで強い体を頂

 

きました。妻も田舎育ちですし同じように

強いのかもしれません。しかし、息子は猫

アレルギーではありませんがイネ科の花粉

 

です。潔癖症で神経質なところがあるの

で花粉症なのかなと思ったりしています。

娘は猫アレルギーですが、息子ほど潔癖症

 

で神経質ではありません。ですのでよくわ

かりませんが、私たち夫婦子供たちの育

った環境で明らかに違うのは衛生面かなと

 

 

思います。さらに父や母あるいは祖父祖母

の時代はもっと衛生環境が悪かったので

レルギーなど持っていなっかったのだと思

 

いますね。過保護は精神面および体質を弱

くしてしまうのでしょうね。猫アレルギー

を改善するには頑張って猫と接していくこ

とが改善につながるかもしれませんね。