【猫の食事作り】

1.煮る、蒸すが基本

猫の食事には、総合栄養食のキャット

フードだけで十分なのですが、可愛い

愛猫のために食事を作ってあげたい

 

思う方もいらしゃると思います。

その時の注意点としては、塩や醤油など

での味付けはしない。顆粒だし

 

も意外に塩分が多いのでNGです。肉や

魚をゆでる、蒸す調理の仕方が良いで

しょう。蒸した魚は結構好まれます。

 

余れば、人間が味付けをして食べると

無駄になりません。かつ、猫ちゃんと

同じものを食べている家族感も一緒に

 

味わえるのではないでしょうか。

本来、猫は肉食動物ですから、肉だけで

もいいくらいと言われています。むしろ

 

野菜や穀物を消化・吸収する機能があり

ません。も食べすぎると酸化した油脂

が臓器に付着してしまいます。

 

2.猫の食事作りのメニュー

下記のメニューは少量が基本です。多く

上げないようにしてください。

①火を通した肉、魚、卵

②海藻

③イモ類

④豆類

⑤ご飯

⑥鰹節(猫用)

 

3.猫の食欲増進の一工夫

猫は、味には鈍感ですが、毎日同じもの

だと飽きてしまいます。食欲がない時は、

ウエットフードをトッピングして上げる

 

とか、いつものフードを温めるとか、

お湯でやわらかくしてあげるなどの工夫を

して上げると食欲が増します。それでも

 

食欲不振であれば、歯周病や、内臓疾患

などの可能性があります。病院で受診

おすすめいたします。

 

猫の食事作りは愛情を多く、量は少なく

、キャットフードとの組み合わせで喜ん

で食事ができるよう猫の気持ちを考えな

 

がら食事の支度をしましょう。人も大好物

なものでも、毎日食べると飽きますね。

いろいろなメニューがありアレンジがあり

 

おいしいく楽しく食事がとれるのではな

いでしょうか。猫もきっと同じで飼い主

さんお願いしますと無言で訴えていると

思います。