【猫に食べさせてはいけないもの】

1.食べさせてはいけない理由

人が食べているものなら猫も大丈夫では

思っちゃいますよね。そして、欲しそうに

しているとつい上げたくなりますよね。

 

少しなら大丈夫かなと思うかも知れません

がこれは、NGです命にかかわるくらい

重大な事のなのです。人と猫では食べもの

 

吸収・分解の仕方がずいぶん違います

ですので、上げてはいけないものは、絶対

に上げないことが大切です。

 

2.猫に上げてはいけない食べ物

(1)玉ねぎ/長ネギ/ニンニク/ニラ

加熱しても危険です。貧血や腎障害の原因

になる危険度の高い食べ物です。

 

(2)アボガド

アボガドは人間だから大丈夫な食べ物です。

中毒性の高い食べ物で猫の場合、痙攣や

呼吸困難を引き起こすことがあります。

 

(3)リンゴ/桃/サクランボ等の種や葉

体内で少量の青酸に変化するため、子猫に

は危険です。絶対に与えないでね。

 

(4)ナッツ類

リンゴ等の種や葉と同様に、体内で青酸に

変化し中毒を引き起こします。

 

(5)生イカ/タコ/エビ

消化不良を起こします。大量に摂取すると

ビタミンB1の欠乏の原因になります。

 

(6)チョコレート

非常に危険な食べ物です。カカオに含まれ

る成分は、重い中毒症状を引き起こします。

人間の場合バレンタインチョコを頂き、

 

沢山食べる方もいますが、特に問題なく

問題と言うと太る事ですかね。

 

(7)アルコール類

猫は、アルコールを摂取すると、分解が

できないため、少量でも中毒なる可能性

が大きいです。しかし、あまりアルコール

を飲む猫はいませんね。

 

(8)青魚/マグロ

生で大量に食べるとビタミンEが不足

ます。総合栄養食のキャットフードで

補うようにすればよいかもしれませんね。

 

(9)調味料/香辛料

塩分が強いもの、刺激の強いものは腎障害

など様々な病気のもとになります。猫は

腎臓機能が弱いので塩分には十分な配慮

必要です。

 

(10)コーヒー/紅茶

興奮作用があります。子猫には強すぎ

ので注意を。実際飲みませんがね。

飲んだらどうなるかという程度でいいと

思います。

 

3.猫の食事

総合栄養食のキャットフードだけで十分

です。安心安全な食べ物です。

別記事(猫のために食事を作りたい

も参考にしてください。

 

猫の食べ物による中毒は、命にかかわる

くらい重大なことです。可愛い顔して

食べ物をじっと見ていると思わず少し

 

ぐらいならとあげたくなる心を鬼にして

対応しましょう。