【猫の誤飲・誤食】

1.誤飲・誤食する理由

猫は匂いを嗅いだりして、これは危ないも

のか、食べられるものかをある程度判断し

ます。しかし、なぜ誤飲・誤食するのかと

 

言うと、興味本位で遊んでいて誤って飲み

込んでしまうことが多いのです。

 

2.誤飲しやすいもの

(1)ひも状のもの

・毛糸、リボン、輪ゴム

(2)キラキラするもの

・鈴、金ボタン

(3)小さくて転がりやすいもの

・ビー玉、ビーズ

 

3.誤食しやすいもの

早期離乳が原因で、ウールを乳に見立て

て吸っているうち誤食してしますことが

あります。

 

4.誤飲・誤食してしまった時の対応

小さいものであれば、排便で一緒に出てき

ますが、そうでない場合は、内臓で詰まっ

出てきません。内臓を傷つけることもあ

 

ります。そうすると猫は、体調不良を引き

起こし元気がなくなります。すぐに病院へ

連れていきましょう。レントゲンを撮ると

 

ビックリするようなものが映っていたりす

ることがあるそうです。なぜ、こんなもの

と驚くことになります。自然排便では出

 

ないので摘出手術となり、猫への負担にな

りますし、飼い主の負担も大きいことにな

ります。特に、子猫の時によくあるようで

 

す。好奇心旺盛で、じゃれまくりますので

勢いあまって誤飲・誤食に繋がりやすいの

ですね。

 

5.誤飲・誤食対策

・飲み込んでしまいそうな大きさのものは、

出しっぱなしにしないでこまめに片付ける

事が大切です。

 

たくさん遊んで上げることで、自分で遊

ぶ頻度が減り、落ちているものへの興味が

軽減します。

 

子猫の時には、注意を払う。成猫になる

と落ち着いてきますので、ほとんどと言っ

ていいほど誤飲・誤食はありません。

 

親心で猫の誤飲・誤食に注意を払いましょ

う。