【飼い猫には歯磨き】

1.飼い猫に歯磨きが必要な理由

野生の猫は、大きな硬い肉噛むため

自然に歯磨きしている事になっているよう

ですね。しかし、飼い猫の場合は、キャッ

 

トフードやウエットフードを食べるため、

歯石が溜まります。しかし、虫歯にはなら

ないのが不思議です。人は虫歯になり歯石

 

も溜まります。猫は何でならないのでしょ

うね。これも食べ物の違いだと思われます。

キャットフードやウエットフードは猫の

 

栄養バランスはもちろん考えられています

が、虫歯にならないようにも調整されてい

るのだと思われます。それと、猫の舌

 

ヤスリのようにザラザラしています。よく

食事の後に、口の中で舌を動かしている

を見ることがあると思いますが、その時に

 

歯磨き効果を発揮していると思われます。

とは言え完全には難しいので飼い猫の場合

歯磨きが必要に成ってくるわけですね。

 

2.歯磨きの方法

猫にとって歯磨きはストレスで、やはり

嫌がりますね。はじめは、少しだけ、そし

徐々に慣らしていきましょう。後ろから

 

抱きかかえ前脚を持ちながら歯ブラシを

そっと頬あたりの切歯から挿入し磨いて

上げましょう。一番歯石が溜まりやすい

 

のは上の臼歯(奥歯)ですので、しっかり

ケアして上げてください。歯ブラシは猫用

のものや赤ちゃん用のものを代用すると

 

良いでしょう。そしてあまり強く磨かない

ようにしましょう。歯茎を気づつけないよ

うに気遣ってあげましょう。頻度的には

 

1回/3日程度で良いでしょう。

 

 

 

歯磨き粉を使用するときは、食べても大丈

夫なものを使用する必要があります。猫の

場合は口をゆすいだりすることができない

為です。歯ブラシが上手くいかない場合は、

 

湿らせたガーゼで拭くようにするところか

ら初めてもいいと思います。歯磨き用の

ウエットシートなどもありますよ。

 

猫がパニックになり暴れだし、噛みついた

りする可能性もありますので十分注意

必要ですね。そっとやさしく愛情を持って

歯磨きをしましょう。