【猫の安全性】

1.部屋のドレスアップに要注意

人が暮らすお部屋は、人間中心にドレス

アップするのが普通ですが、猫にとって

有害なものが意外にあるのです。

 

猫は、匂いを嗅いで毒なのかどうかを

判断いたしますが、誤食や誤飲も可能性は

ありますので、猫安全第一のためにも

下記の気を付けたいものには十分に配慮

頂ければと思います。

 

また、食事の後はテーブルを片付けるよう

にしてください。猫は匂いがすると興味を

示し、高いところでも飛び上がります。

 

しかし、あまり神経質になる必要はない

のですが、一応、人中心ではなく猫中心

お部屋をチェックしてみてください。

 

2.気を付けたいもの

(1)アロマオイル

植物由来の有機化合物を何倍にも濃縮

したアロマオイルは、猫にとって猛毒

なります。

 

(2)観葉植物やお花

観葉植物や切り花を飾っている事が

ありますが、猫が口にすると中毒症状

を引き起こす可能性があります。中毒

 

を引き起こす植物は200~300種類

が確認されています。

 

(3)サプリメント

人にとっては、効能がありますが、

猫にとっては強すぎるようです。

ちょっと舐めると舌にくっ付いて

飲み込んでしまう可能性があります。

 

(4)タバコ

タバコは吸うもので、誤食すると人に

も毒ですが、猫にとっては、さらに

影響が大です。

 

(5)柑橘系の匂い

柑橘類のすべてが毒と言う訳では

ありません。猫は、柑橘系の匂い

嫌います。

 

(6)電気コード

コンセントに繋がって電気の通って

いるコードを噛んだりすると感電する

可能性があります。

 

(6)アルコール

人はアルコールを飲んでも肝臓で分解

しますが、猫は分解できません。

分解できないということは、毒素が溜まり

大変です。