【猫が快適な室内生活を送る準備】

1.環境づくり

安心、安全、リラックスをポイントに環境

を整備することが大切です。会社でもまず

安全第一と唄われるように、人も猫も生ある

ものは同じですね。🐈

 

2.安全

(1)ドアのリスク

リスク①

このあたりに猫がいて、知らずにドアを

閉めたときに猫のしっぽが挟まる。

あるいは風圧で閉まる場合もあります。😱

 

リスク②

ドアのヒンジのところの隙間に猫のしっぽ

が入っていたり、隙間に手を入れて遊んで

いたりしている時、上記と同様にドアが

 

閉まってしまった時、悲惨な状況になって

しまいます。てこの原理で、しっぽや手が

切断される結果となります。😨

 

(2)ドアの開閉対策

ドアのストッパーを付けて置き、閉まら

ないようにする。また、ドアのところに

猫がいないか確認してドアの開閉をする

ように心がけることが大切ですね。🤓

 

3.安心

(1)寝る場所

超狭いところが安心な猫、段ボール箱も

用意しています。見栄えは悪いのですが、

わざわざ買ってきた猫ベットよりも、

 

段ボールを選ぶので仕方ありません。猫の

習性なのですね。

 

しかし、寒くなると

ソファに毛布を敷いてあげると暖かいのか

段ボールよりこちらを選びます。

 

毛布をふみふみしています。子猫の時に

母猫のおっぱいを飲みながらふみふみ

する行動ですが、やわらかい毛布に感化

 

されているのですね。ですので安心な場所

と認識するようです。😺

 

(2)キャットタワー

猫は高いところが好きなので、一つ準備

してあげると良いかもしれません。

3~4段くらいになっているものであれば

 

猫の好きな高さで、その日に合わせて登り

運動にもなり楽しく過ごせると思います。

窓際に設置してあげれば、外の様子も見れ

るので良いのではないでしょうか。😺

 

(3)爪とぎの場所

別記事(猫のハンター本能)でご紹介いた

しましたが、例えば、壁とソファーの間の

狭い場所に置いてあげる安心します。外敵

 

に見つからないようなところを好みます。

猫の習性ですね。🐈

 

4.猫の習性、性格を理解した生活環境

上記において紹介した内容から分かるよう

に、猫の習性や性格を理解して、生活環境

を整備して上げることがポイントです。

 

そして、子猫の時と年老いた猫では、行動

の範囲や筋力の違いなどが異なってきます。

状況に合わせた模様替えも考慮するとよいか

と思います。

猫の快適な空間を演出して上げましょう。🤗