【猫は病気を隠したがる】

猫は昔から、死期が近づくと居なくなると

よく言われます。以前に雄猫を飼っていた

時、外に出て野良猫と喧嘩をしたため、

 

エイズになってしまい体調を崩しました。

その時は、車庫に隠れてあまり人の前に

来なくなり、最終的には死期を感じたのか

 

私たちの前からいなくなりました。その後

近隣の人から、あんたのところの猫が死ん

でいると連絡がありました。昔から言われ

 

ている通りでした。外に出してしまった

私の責任です。本当にかわいそうなことを

してしまいました。猫は、室内飼いで命を

守りましょう。

 

【飼い主が猫を守る】

猫が普段と違う様子を見せていることが

あれば要注意です。老猫は、腎臓病になり

やすいので、よく観察し早期発見が病気の

 

進行を遅らせ、また、完治させる可能性も

出てくるわけです。

 

 

【具体的な病気の兆し】

下記の症状が現れたら自己判断せず、動物

病院で受診いたしましょう。

 

1.冷たい場所へ行く:体温が下がって

  いるかもしれません。

 

2.周囲に無関心:強い痛みを感じてい

  たり病気の末期症状であったり、

  脳の病気の可能性もあります。

 

3.1日以上元気がない:大きな病気の

  可能性があります。病院で受診下さい。

 

4.視線が合わない:網膜出血で失明、

  脳の病気が疑われます。

 

5.呼吸が浅い(口呼吸):肺や心臓の病

  気甲状腺機能亢進症の疑い。

  肺水が溜まっている可能性も考えら

れます。

 

6.震えがある:てんかんや脳の病気、重度

  の腎臓病や肝臓病、低血糖で起る場合も

あるので、要注意です。

 

7.白目が黄色い:肝臓病による黄疸の

可能性があります。

 

8.口を痛がる・口臭がある:歯石や歯周

  病、口内炎、怖いのは、悪性腫瘍の扁平

  上皮がんです。

 

9.頻繁に嘔吐する:膵炎や甲状腺機能亢進

  症が多く、胃腸に腫瘍ができている

  場合があります。

 

10.お腹が膨れている:腹水が溜まって

いる。がんにより内臓が腫れている

 

11.ご飯を食べない:大きな病気の可能性

あります。病院で診てもらった方がよ

いと思われます。

 

12.水を飲みすぎる:腎臓病や糖尿病、

   甲状腺機能亢進症の疑いがあります。

以前はこんなに飲まなかったのに、

 

最近は水をよくおねだりしてくるなと感じた

ら、一度診てもらつた方がよいかもしれませ

んね。

 

 

13.尿の回数が多い:膀胱炎や尿道結石

の可能性があります。

 

 

猫を病気から守るのは、飼い主さんです。

心していきたいですね。