【猫の定期シャンプー】

猫は基本的に体をに濡らされるのをきら

ます。猫の祖先であるリビアヤマネコ

砂漠に生息していたことが起因しているよ

 

うです。DNAの影響ですね。しかし、子猫

の時から水に慣らしていけば大丈夫です。

 

1.猫にシャンプーは必要なの?

短毛種の猫基本的にはシャンプーする

必要はありません。しかし、長毛種の場合

毛づくろいで体全体の毛を舐める毛づくろ

 

いが難しいので、1回/月のシャンプー

必要になってきます。清潔さを維持するた

めには、こまめにブラッシングと合わせ

 

シャンプーして上げましょう。短毛種でも

汚れがひどい時、油など付けてきた時など

シャンプーは必要です。

 

2.シャンプーで気を付けること

(1)ぬるま湯に調整

水だと体が冷えますのでぬるま湯に調整

して上げると良いでしょう。猫の体温

人より若干高めですので人がぬるいと感

 

じるよりもちょっとだけぬるめが良いの

ですが、あまり気にしなくても良いと思

います。

 

(2)扉や窓はきちんと閉める事

猫はぬるま湯をかけられるとパニック

なり脱出しようとします。ニャー、ニャー

 

 

鳴いて必死になって、体にもかなり力が

入っています。やさしく大丈夫、大丈夫

声をかけてあげながらぬるま湯をかけ

 

シャンプーして上げましょう。シャンプーは

猫用のものを使用してください。皮膚が

敏感(pH:水素イオン濃度が人と異な

 

る)なので負担が少なくなるように猫

をお勧めいたします。

 

 

(3)シャンプー前のコンディション確認

①猫の体調不良は大丈夫?

②猫の爪および飼い主さんの爪が

  伸びていないか?

 

事前チェックが必要ですね。特に猫が

パニックになった場合、爪で引っかかれ

てしまうとか、飼い主さんの爪が猫の皮膚

 

を傷つけてしまうかもしれないので十分注

してくださいね。

 

3.シャンプー後の毛の乾燥

シャンプー後は、十分シャンプーを濯ぎ

体全体を手のひらで撫でながら、できる

だけ水分を除いてあげてください。その後

 

できるだけタオルで水分を拭き取ります。

 

こんな感じになったら自分で一生懸命舐め

ます。ドライヤーで乾かして上げれれば良

いのですが、猫は大きな音に脅えますので

 

猫任せです。かなり長い時間かけて舐めて

います。ストーブを準備して上げると乾燥

の手助けになりますよ。

 

そして、ある程度毛が乾燥しましたらクシ

などでそっとといて上げる気持ちよさそ

うにします。顎の下などは、お願いします

と言った感じです。

 

 

 

短毛種のシャンプーに比べ長毛種の猫の

シャンプーは大変ですが、愛情を持って

やさしく丁寧にきれいにしてあげてくだ

 

さい。しかし、できるだけ短時間で納まる

ようにしてあげることも心がけて頂ければ

猫のストレスも軽減できますよ。