高さのあるタイプのケージ見本

 

【猫のケージ】

1.猫のケージはどんな時必要?

子猫や若い元気な猫好奇心旺盛な猫は、

いたずら好きでテーブルから物を落とした

り、夜に運動会を始めたり、朝早くお腹空

 

いたと言ってご主人を起こしにきたりする

時など飼い主さんが困るときは、一時的

ケージに入れておくと安心ですね。人と猫

 

共生においてうまくケージを利用いたし

ましょう。

 

2.ケージの選択

ケージは広さより高さが大事です。なぜ

なら猫の習性から高い所を好みますので

高さを優先するということになります。

 

そして2~3段のステップがついたもの

上下運動可能なものがお勧めです。ス

テップに起毛がついているものが滑らず

 

猫にとっても飼い主さんにとっても安心

です。しかし、あまり長時間入れて置く

ストレスとなりますので様子を見て

 

出してあげましょう。どうしても長時間

入れておかなければいけないときは、ご飯

や水、トイレ、ベッドを入れて置いて上げ

 

てください。そうすれば猫もありがとうと

感謝してくれるかもしれませんね。

 

3.ケージの設置場所や注意点

ケージを窓際に設置すれば外が見えて猫は

喜ぶと思います。何せ猫は外の鳥などに

興味深々ですからね。しかし、直射日光

 

強く当たらないように布などを被せて置く

工夫もして上げると良いと思います。また、

エアコンの風が直接当たる場所は避け

 

ください。猫はエアコンを好みません。

その他の注意点としては、小物などがケー

ジ内に入っていないか確認ください。誤飲

 

に繋がる可能性があります。

 

そして、一つのケージに1匹が良いでし

ょう。仲のいい猫であれば一緒に入れて

問題ありません。あくまでもケージは、

 

応急的に使用するものです。ケージの中

で飼うことは避けましょうね。ストレス

から体調を崩すことがありますからね。