【猫のお留守番】

1.お留守番は何日まで?

猫は基本的には単独行動をとるものです。

ですのでお留守番は大丈夫です。かと言って

何日もお留守番させるのはNGですね。家で

 

のお留守番であれば1泊2日、それ以上であ

れば家族や知人あるいはペットシッターに自

宅に来てもらいお世話してもらうかですね。

 

後はペットのホテルか、いつも利用している

動物病院に預けるかですね。ちゃんと面倒見

てくれるところに預ければ安心ですからね。

少し料金がかかっても仕方ないですよね。

 

2.自宅で1泊2日のお留守番の準備

キャットフードを2日分容器に盛り上げて

入れておく。猫は一度に食べません。少し

づつ食べる習性があるのでたくさん入れて

 

おいて問題ありません。キャットフード

乾燥フードなので保存性も良好で腐ること

がありませんので安心です。もたくさん

 

入れておきましょう。トイレも清掃して

新しい猫砂を入れ清潔な状態にしておき

ましょう。安全、快適、清潔な環境を整え

 

てから出かけましょう。ただ、子猫は活発

に行動するので、事故を起こす可能性が高い

ので、お留守番は避けた方が良いかと思いま

 

す。ペットホテルなどを利用した方が賢明か

もしれませんね。

 

 

3.家族・知人にお願いする

この場合、猫が家族や知人の事を知って

いることが大切です。ですので事前に接触

してもらっておくことが大切です。いきな

 

り知らない人がお世話するのは、猫のスト

レスになります。自宅に来てもらう方が

猫も安心です。出来れば以前は一緒にくらし

ていた息子や娘にお願いするのがいいかな。

 

4.ペットシッターにお願いする

ペットシッターはプロですので安心です。

しかし、自宅に入ることになるので、猫の

事よりもトラブルに繋がる事(火事、盗難

 

など)が心配ですね。私はお勧めいたしま

せん。よくお付き合いのある方で信頼のお

ける方であればいいのかもしれません。

 

5.ペットホテル、動物病院に預ける

もちろん料金は発生いたします。ペット

ホテルに預ける前に、そこのスタッフさん

や設備の事前確認をしてから決めた方が

 

良いでしょう。大事な愛猫を預ける訳で

すから、安心安全なところを選択しま

しょう。

 

動物病院は行きつけのところであれば

問題ありませんね。事前に安心安全は確認

済みですものね。

 

 

愛猫がお留守番する環境づくりあるいは

安心安全なところに預け、安心してお出

かけください。