【キャリーケースへの猫の不安】

1.キャリーケースの使用方法

猫を病院に連れていく時、抱っこしながら

車に乗せたりすると縄張り外のエリアに連

れていかれるため、強いストレスを感じ

 

だしたりすることが多いです。非常に

危険ですのでキャリーケースに入れて移動

する事をお勧めいたします。キャリーケー

 

スにもいろいろなタイプのものがあります。

手提げショルダーバッグリュックタイ

プ等ございますが、モモの場合は手提げタ

 

イプ上蓋は中の状態が分かる透明なもの

にしました。材質はプラスチック製です。

病院とかに連れていくと爪を引っ掛けで出

 

ようとしない事がありますが、プラスチッ

ク製は爪が掛からないのでトップ写真のよ

うなものを選択しています。ちゃんと喚起

 

穴が開いていて呼吸ができ匂いがこもら

ない物が良いと思います。キャリーケース

は病院だけでなく、旅行に連れていく場合

 

もございますが、その時は中が見えない物

を選択した方が良いでしょう。猫にとって

周りの方に対しても安心する状態でキャリー

 

しましましょう。空気穴はもちろん必須で

すが、何かの拍子に塞がらないよう十分

注意ください。

 

2.キャリーケースからの飛び出し防止

病院に連れていくと不安になり、キャリ

ーケースを開けた瞬間に飛び出し逃げて

しまうことがありますので、過度に不安

 

を感じる猫であれば、洗濯ネットに入れ

キャリーケースに入れる2重の安全対

を取ると良いと思います。猫は基本的

 

洗濯ネットは好きなようです。人から

すると過度なストレスになるように思い

ますよね。しかし、長時間は避けましょ

う。

 

3.キャリーケースに慣らす

はじめてのキャリーケースに無理やり入れ

るとストレスを感じさせるので、日頃から

慣らせておくことも大切です。

 

 

 

 

猫の匂いの着いたタオルを入れておくと

匂いを嗅ぎながら以外にすんなりと入り

ます。

 

落ち着いた状態で居心地良さそうです。

 

キャリーケースのチョイスは目的に合わせ

てと言う事と事前に慣らせることで不安を

取り除いて上げましょう。