【猫のアイコンタクト】

1.ゆっくりな瞬き

ふとモモを見るとじっとこちらを見ている

事があります。何か視線を感じるなと思い

ふと見た先にモモが熱い視線を送ってきて

 

いました。「モモ」と言うとゆっくりと瞬

きをするのですね。続けてもう一度「モモ」

と言うと、両目をギュッと閉じます。物凄

 

く可愛いのですね。これは、愛情表現

心を許している事なのです。猫は警戒心が

強いので通常は絶対に瞬きをしません

 

いつ襲い掛かって来るかわからないので、

一瞬も気を抜きません。臨戦態勢を取る

わけですね。なのに瞬きをするというこ

 

とは信頼関係の賜物ですね。猫はしゃべ

る事ができませんが、ちゃんと気持ちを

アイコンタクトで伝えてきます。ですの

 

でよく見てあげてくださいね。まさに

は口ほどに物を言うですね。

 

2.その他のアイコンタクト

遊んで欲しい時ご飯ちょうだいとアイコ

ンタクトをしてくることもありますよ。

ご飯ちょうだい

ちょっと起きて~

 

遊んで~

 

ドア開けて~

 

と言った感じで見つめるのですね。上手く

誘導してきますよ。さらに言いますと、

ある時、私の前に来てじっと見つめてから

 

反対を向いて歩きだし、ふり返り私にこっ

ち来てといった感じで庭に誘導するのです。

凄い猫の智慧ですね。

 

3.猫のアイコンタクトを無視すると

遊んで欲しい視線に対し無視して新聞や

広告などを見ていると、その上に乗っかっ

てきて見せなくしたり、パソコンをしてい

 

るとキーボードに乗ってきたりと邪魔を

てきます。でもそれがまた可愛いのです。

 

猫がゆっくり瞬きするのは、愛情表現と

お伝えいたしましたが、猫が眠いだけの

時もあります。そのような時は、飼い主

 

さんは、ゆっくり瞬きし返してあげて

ださい。猫は安心して安眠に着くでしょう。