【母猫の乳首は子猫ごとに決まっている?】

1.母猫の乳首の位置

猫の出産は一度に約4匹の子猫を産みます。

そして授乳が始まるわけですね。猫の乳首

はお腹にあると思っていませんか。確かに

 

お腹にありますが、胸から腹にかけて4対

(8個)並んでいます。そしておっぱいの

位置によってお乳の出具合が違うのですね。

 

胸部よりお腹側のおっぱいの方が出がいい

のです。それでは出の良いおっぱいはどの

子猫がゲットするのでしょうね。

 

2.お乳の出の良いおっぱいはどの子猫が?

数匹の子猫が生まれました。全部同じかと

言いますとそうではなく、大きさや動き、

生命力などが異なります。出の良いおっぱ

 

ゲットできるのは、もちろん元気が良

大きい子猫がゲットします。そしてその

乳首は専有化されます。なぜ、専有化でき

 

るのかと言うと匂いなのですね。ですので

おっぱいをきれいに拭いてしまうと自分の

乳首が分からなくなってしまうのです。い

 

きなり混乱や争いが生じるようですよ。

ですのでおっぱいは拭かないようにしまし

ょうね。話を戻しますが、お乳のたくさん

 

出るおっぱいをゲットした子猫はどんどん

きくなります。つまり、生まれた時点で独

り立ちするまでの成長がそれぞれの子猫ち

 

ゃんで決まるようなものなのかもしれんな

せんね。子猫ちゃんがかわいく仲良くおっ

ぱいを吸っいる姿は何とも言えないですね。

可愛いですね。

 

3.子猫のおっぱいの吸い方

よく見ると前脚でおっぱいを交互にふみふ

していますね。しかも手のひらをグーパ

していますね。そうするとお乳がの出を

促進することになります。不思議ですよね、

 

生まれたての子猫ちゃんがなぜそんな事が

分かるのでしょう。まさに本能ですね

成猫になっても柔らかい毛布などがあると

 

ふみふみグーパー行為をするのは、この時

の事を覚えていて母猫に甘えている行為

あり、安心のひと時なのでしょうね。