【アログルーミングからの噛みつき】

よく猫同士舐めあったりしているの見るこ

とがありますが、これをアログルーミング

と言います。まさに親愛の表現です。凄く

 

かわいく見ていると癒されますね。さらに

よく見ていると比較的、舐められる猫と舐

める猫が決まっている事があるように思い

 

ませんか。これはイギリスとオランダの

大学が室内飼いの猫を対象に調査を行っ

た結果ですが、強い立場の猫が弱い立場の

 

猫を舐める、つまりアログルーミングを行

う事が多いようです。さらに興味深いのが

アログルーミング後に急に噛みつく行為

 

確認されています。データーによると35%

の確率で噛みつく攻撃行為があるようです。

噛みつかれた立場の弱い猫はびっくりです

 

よね。相性の悪い猫は、グルーミングどこ

ろか近くによることもしませんね。多頭飼

いをしている方はよくご存じだと思います

 

がみんな仲がいいという事はないと気づか

れていると思います。特に雄同士は仲が悪

です。本能的に縄張り争いをする性があ

 

ることに起因しているからです。しかし、

仲が良くてアログルーミングしている猫で

最終的に噛みつくのは、『自分の方が強

 

いのだ、よく覚えておけ』優位性を明確

するのです。あるいは肉食動物としての

攻撃的本能が転位行動化されるとも言われ

 

ています。そして、噛みつくだけでなく

ヒゲをかみ切ることもあります。猫のヒゲ

短く切れているのを見つけたら、それはア

 

ログルーミング後にやられているかもしれ

ませんね。猫の世界も中々厳しいものがあ

りますね。私の場合、猫を撫でたり抱っこ

 

したりしていると可愛いさのあまり、耳を

《ぎゅっ》とつねってしまうことがありま

す。もちろんやさしくですよ。その感情と

 

は違うようですね。