【猫の肥満】

1.猫の肥満状態

猫の肥満状態の確認は、後ろ脚の太ももより

少し前がくびれているのが普通の状態でが、

くびれがなく、また、お腹が垂れているのも

 

チェックポイントです。ただし、お腹の部分

だけが膨れているのは、妊娠しているか病気

の可能性があります。モモの場合は、適度な

 

くびれがあり、でもお腹が垂れています。触

ってみると皮が弛んでいる感じです。膨らん

でいる訳ではなく、ずっと元気ですので、病

 

気ではないと思います。野生のライオンもお

腹が弛んでいたりしますが、モモもよく似た

感じです。

 

2.肥満は百害あって一利なし

人も肥満状態が続くと、糖尿病や高血圧など

いろいろな病気が出てきて健康を害します。

猫も全く同じです。肥満が引き起こす恐れ

 

のある病気を少しご紹介しておきますね。

①尿結石

水を飲まなかったり、トイレの回数が少ない

そして肥満が主たる原因です。

 

②皮膚炎

太りすぎると毛づくろいの範囲が狭くなり

衛生状態が悪くなるため、皮膚炎になりや

すくなります。

 

③糖尿病

人間と同じですね。インスリンに対する

抵抗性が上昇し血糖値が上がります。

糖尿病は、いろんな病気を併発しやすく

なる病気なので怖いですね。

 

④関節炎

これまた人と同じで、関節にかかる過剰な

負荷が、関節炎に繋がっています。

 

猫の肥満度チェックは、冒頭にお伝えしま

したことに加え、猫の体を触り脂肪がたっ

ぷり付いていていないか、あるいは体重

 

チェックで急激な変動がないかなど見て

あげることですかね。猫の肥満は、飼い

猫特有の症状なのですね。ですので飼い

 

主さんが食事のコントロールをしてあげ

ましょう。栄誉バランスの取れたフード

を選び、また、子猫用、成猫用、老猫用

 

とありますので、ライフステージに合わ

せて準備して上げましょう。