【猫の夜鳴き】

1.夜鳴きのサイン

猫の夜鳴き若い猫と老いた猫では、意味が

違います。13歳を超えた老い猫の場合

のサインが考えられます。特徴としては、

 

一定のリズムで吠えるような大きな鳴き声

出し、かつ1点を凝視しながら鳴いていたり

した場合、脳腫瘍高血圧認知症などの病

 

気が考えられます。発情期の時もアオ~と大

きな鳴き声を出しますが、病気の場合は、

し低い声になります。とにかく大きな声で夜

鳴きをすれば要注意です。若い猫の夜鳴は、

遊んで欲しいといった時や甘えたい時がほと

んどです。若い猫の夜鳴きは全く問題ありま

 

せんが、老いた猫の場合は、病院で受診した

方が良いですね。受診の際は夜鳴きの頻度や

状況を正しく伝えるためにもメモを取ってお

 

きましょう。獣医さんからの精度の高い診断

が望めると思います。

 

2.猫は無駄に鳴かない

猫は基本的に我慢強い性格です。だからこそ

無駄に鳴きません。しかし、飼い主さんを

見ながら鳴く場合は、何かを要求している

 

事が多く、例えば、お腹が空いた、トイレ

が不衛生で嫌だなどの主張をしている時で

す。

ですので、その要求に応えてあげましょう。

じっくり遊んであげれば、夜は静かにおや

すみするでしょう。

 

猫の夜鳴きは、ほとんどの場合老い猫です。

いつもと鳴き方が違う感じることが大切

です。猫も気づいて欲しいと思っているの

 

ではないでしょうか。猫の鳴き方の別記事

で紹介いたしましたが、いろいろな鳴き方

で猫は意思表示をしています。その記事内

 

には夜鳴きの事を載せていませんでしたが、

病気のサインかもしれませんので、ご注意

ください。重大な病気になっていたら、猫も

飼い主さんも困りますからね。