水、下さい・・・

早くして・・・

ちょっと ちょっと早くして

おいしい~

のどカラカラだったんでサイコ〜

 

容器に水も入れ、ご飯容器の横に置いてあり

ますが、なぜか、洗面所へと誘導されます。

 

そして、洗面台へぴょんと登り水ちょうだい

とこっちを見ておねだりします。寒い時は、

猫舌というも、ぬるま湯は好んで飲みます。

 

鏡に映ったモモのしっぽも可愛いでしょ。

バランスとっています。

【舌としっぽ】

1.舌

・猫の舌はザラザラで、ぺろぺろしながら水

逃しません。このザラザラは

糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」いう

 

突起構造となっているので効率よく水が飲め

るのです。

 

2.しっぽ

(1)バランスをとる

・洗面台の狭い箇所を見つめ、しっぽを動か

しながら、飛び上がります。狭いところで

片手でおねだりしたり水を飲んだりするとき

 

も、ちゃんとしっぽでバランス

をとっていますので、洗面所に頭から突っ込

んだり、洗面台から落下しません。すごっ

 

(2)しっぽの構造

・猫のしっぽの中心に尾推という短い骨がた

くさんつ連なっています。その骨の周りに

12個の筋肉があり、末端まで神経が通ってい

ますのでクネクネと細かい動きが可能です。

 

 

 

猫の舌はザラザラになっていて水をを効率

良くとらえ水を飲みますが、人間がまねを

しても全く喉を潤すことができませんね。

 

ゴクゴクと飲めない猫に備わった機能です。

 

しっぽは高いと処へ飛び上がったり狭い

ところで体制を維持したりするためのバラ

 

ンスをとる機能を持っている訳です。

高速で走るときも、しっぽを立てながら

バランスをとっています。

 

猫のしっぽの機能はすごいですね。