外に行きたい、開けて~

【猫の意思表示】

1.しっぽ

(1)リラックス

地面に対し水平な状態がリラックス

している時です。

(2)不安

しっぽがまっすぐ立ち先端が曲がります。

撫でてあげてリラックスさせて上げてくだ

さい

(3)イライラ

しっぽを降ろして左右に振る行為は、

嫌だにゃと思っています。

(4)興味・警戒

しっぽの先端を震わせている時は、

警戒しつつも興味がある状態です。

(5)恐怖・服従

股下からしっぽを巻くようにお腹の

方に持っていきます。

(6)怒り・興奮

しっぽがトトロのように膨らみ、

ずいぶん太くなります。マフラー

みたいになります。

(7)臨戦態勢

しっぽをだらりと降ろし、臨戦態勢

に入ります。

(8)防御

臨戦態勢と似ていますが、先端が

ちょっと上がります。力が入って

いるようです。

(9)挑発

しっぽを立て左右に振ります

馬鹿にされているということに

なりますかね。

(10)喜び

しっぽを立て震わせる感じです。

うれしい~と言う感じかな。

(11)友好

しっぽを真上にピンと上げて、

仲良しだよね~ と表現します。

(12)観察・待機

しっぽが水平よりやや上に上がる

感じで、様子を見る動作です。

 

ブラッシングに反応し、気持ちいい

興奮し、しっぽがトトロ状態

になっています。

 

 

なぜか足にしっぽをつけてくる。

上記の(1)~(12)にあてはまりま

せんが、安心感や愛情表現かな。

 

カリブちょうだいと興奮し、しっぽが

トトロ状態に フトッ

 

ピン~としっぽが上に立ってます。

横になっていますが、しっぽがピン

立っているので、仲良しだよねの気分が

いい状態です。

 

 

2.目

鋭い目つきでこっちをじっと見てきました。

でも、この目は瞳孔が大きくなっていない

のでリラックスしています。

モモ、何? と声をかけると

 

こんな感じで目を閉じて安心します。

あるいは、目を見ながら、ゆっくり

目を閉じてあげると猫も目を閉じます。

 

じっと瞬きしないで凝視すると、猫も

じっと凝視してきます。猫同士のケンカ

の時も同じで、瞬きした方が負けなので

 

こっちが、ゆっくり瞬きすると、その

緊張感が取れて安心するのですね。

 

目の瞳孔が大きくなっている時は、

興味、興奮、不安、恐怖といろいろ

あります。その時の状況で判断可能かな。

 

 

 

3.耳

悪い事をした時、こらっと叱ると、耳が

うしろに下がります。まずいと感じてい

るようです。不安な時、恐怖感を感じる

 

ときは、耳がうしろに下がります。

警戒・緊張の時は、耳は下がりはしませ

んが水平になる感じですかね。

 

逆に耳がピンとしている時は、興味津々

な時です。猫は好奇心旺盛なので、いつ

も耳がピンピンしていることが多いです。

 

4.ヒゲ

じっと見られてます。

 

ねえねえと訴えてきています。

興味深々な時にはヒゲが前に出ます

 

ヒゲが真横になっている時は、恐怖心

があるときで、ビックリするとさらに後に

下がります

 

5.仕草

外に行きたい。開けて~

 

ただいま、扉 開けて~ちょうだい

 

にゃーと鳴いて、入ってきました。

ありがとうと言ってます

 

そこに入っているカリブちょうだい

と言ってます

 

一緒に寝よう・・

 

猫の目、耳、ヒゲ、仕草などから猫の

意思が読み取れ、会話をしている感覚

なりますよ。