【猫のヒゲ】

1.猫のヒゲは口周りだけでない

猫のヒゲと言うと、口周りだけと思って

いる方が多いと思いますが、その他に

目の上や頬にも生えているのも猫のヒゲ

なのです。

 

 

 

モモは、頬のヒゲがちょっと分かりずらい

です。

 

猫のヒゲの直径は、約0.3mmです。

体の毛は、直径0.04~0.08mmです

ので、かなり太いのです。

 

2.猫のヒゲは高感度センサー

猫のヒゲは、感覚毛とも言われるように、

ヒゲの毛根の周りに知覚神経がたくさん

通っています。しかも、体の毛より約3倍

 

深く皮膚に埋まっているので、脳への

伝達力に優れているので、感度が良い訳で

す。子猫は、目が見えない時、ヒゲでおっぱ

 

いを探します。さらに、空気の振動も感じる

事ができるくらいの優れものです。

 

3.ヒゲで測長

狭いところに入るとき、猫は体が通れるか

どうかをヒゲで測長し行動します。

測定中です。

行けるかな・・

私が帰ってきたら、玄関まで迎えにきて

くれました。車のエンジン音や足音で

ちゃんとわかるのですね。そして、

 

少しだけ開けてみました。すると、ヒゲで

測長していました。無理だなと最初は

留まっていましたが、もう少し開けると

 

少し狭いけど行けそうと判断したのか、

ニャーと鳴いて出てきました。

おかえり~ にゃん

 

4.定期的に生え変わる猫のヒゲ

あまり知られていないと思いますが、猫の

ヒゲは定期的に生え変わるのです。モモ

抜けたヒゲはこんな感じです。

 

妻が見つけました。妻は何度か見つけてい

るようです。掃除機かけると簡単に吸い込

まれてしまいますから、すごく貴重です。

 

今度、見つけたら、また取っておいて

と頼んでおきました。レアものなので、

楽しみです。私は保管はしませんんが、

 

抜け落ちたヒゲを探して保管している

コレクターもいるようです。

 

猫のヒゲは高感度センサーそして測長器

である事、ただヒゲが生えているという

ことではなく、機能性に優れているとい

うことなのですね。