【猫の嘔吐】

1.猫の嘔吐パターン

猫は、よく吐きます。最初はビックリします。

嘔吐をする理由として何パターンかあります。

 

①毛づくろいした時に、飲み込んだ毛を吐くパターン

食べ過ぎた時に吐くパターン

③回虫などによる病気の時に吐くパターン

 

③は要注意です。嘔吐物に虫や血が混ざっ

ている時は、病院に行き受診しましょう。

上記①②は、よくありますね。

 

2.毛玉を吐くための猫の智慧

毛玉がなかなか吐けないとき猫は、

草を食べて胃に刺激を与えて吐く智慧

を持っています。

 

 

 

こんな感じで草を食べます

 

3.食べ過ぎ対策

食べ過ぎは、すぐ吐きます。モモは、

お腹がすくとニャーニャーと鳴いて

すりすりしてきます。そして、冷蔵庫の前

 

に座り、そこに入っているカリブちょうだい

と訴えてきます。

冷蔵庫前にておねだりしています

分かったよと言って、大好物のカリブを

あげるのです。モモも智慧がついてきて

 

別の人にまたちょうだいと鳴いてすりすり

し、猫なで声で可愛くおねだりしてくるので

ついついあげてしまうのですね。そして、

 

しばらくすると、異音が・・

『おぇおぇ』と嘔吐しています。

私たちが悪いのですね。猫のおねだりに

負けてしまうと、結局は猫が辛い思いを

 

してしまうことになります。猫の食事は、

朝と夕の1日2回でいいようです。間食や

やりすぎには注意が必要です。甘やかすと

 

どんどん巨大化し肥満になり、猫の軽やか

 

さが無くなります。人間と同じでいろいろな

病気にかかる可能性も出てきます。末永く

一緒に過ごしたいですよね。心を鬼にして

 

規則正しい食事をさせてあげるようにし

なければいけませんね。懺悔・・

 

猫は吐くものです。あまり神経質になる

必要性はありません。回虫などによる病気

の時に吐くパターン以外は問題ありません。

そこだけ注意ください。