【猫と接するときの心】

1.猫に合わせる

猫をしつけることは難しいです。猫は野生

の本能を色濃く残し、縛られることを嫌い

ます。人が猫に合わせることが賢明です。

 

猫を飼ってみてよくわかります。人の

思い通りにはなりません。

 

2.猫に愛してもらえるようになる

かわいくて無理やり抱っこしたり、しつ

こく撫でたりすると嫌がります。猫の様子

を見ながら適度に可愛がる。そのような中

 

猫の方から近づいてきます。愛されるよう

に努力ですね。

 

3.無理にしつけをしない

猫はしつけが難しいと言われ、本当かな

と思い、叱ったり少し叩いたりしてしつ

けにチャレンジしたことがあります。

 

少しは活けるかなと思う時もありますが、

やはり犬のようにはいきませんね。我が家

では、以前、父が犬を飼っていてしつけを

 

していました。犬は、バッチリしつけが

効き、ご主人と認識します。猫は、野生

本能が強いので犬🐶のようにはいきません

ね。

 

4.健康と安心安全に配慮

猫の体調は大丈夫かな、いつもと違う

変化はないか健康状態に気を付ける

事が大切です。嘔吐の中に血が混ざって

 

いないか、いつもと違う鳴き方をして

辛そうにしていないか、おかしい時は、

病院で受診しましょう。動物病院は、

 

なるべく家から近いところにしましょう。

車酔いをしてよだれを流してしまいます。

この体験にはビックリしました。病院に

 

電話すると車酔いと教えてもらいました。

調子が悪いところに、車酔いは2重の

苦しみになってしまいます。

 

安全面については、別記事(猫が快適な

室内生活を送る準備)で紹介しています

が、ドアに挟まれないように対策をする

 

ことなどのリスクを見つけて対策をとる

ようにすると良いと思います。

(リスクアセスメント)

 

5.我が子のように接する

家族の一員として、我が子のように接する

ことで、猫にもその気持ちが伝わり温かく

強い絆ができると思います。10年も一緒

にいるとその絆を感じますね。

 

6.猫にされて困る事は人が予防策を

爪とぎで家が傷むのなら、事前に爪切り

をしておく。猫のいたずらでテーブルの上

に有るものを落とすのであれば、壊れやす

 

い物は置かないなど、事前に予防策をとる

ようにする。

猫とともに楽しい生活を送るために、猫と

接する心が重要ですね